コマンドプロンプトのデフォルト文字コードをUTF-8に変更する方法

コマンドプロンプトでは、デフォルトの文字コードはShift-JISに設定されています。

なので、文字コードをUTF-8に変更したい場合は、以下のコマンドを入力すればShijt-JISからUTF-8に変更できます。

C:\Users\ユーザ名>chcp                           //chcpコマンドで文字コードを確認する
現在のコード ページ: 932                          //デフォルトでは932(Shift-JIS)が設定されていることを確認

C:\Users\ユーザ名>chcp 65001                     //文字コードをUTF-8に変更するように要求
Active code page: 65001               //システム側で文字コードをUTF-8に変更

C:\Users\ユーザ名>chcp               //文字コードを確認
現在のコード ページ: 65001             //文字コードが65001(UTF-8)に変更されていることを確認

しかし、毎回このコマンドを入力するのは何気に面倒くさいので、今回はコマンドプロンプトのデフォルトの文字コードを変更する方法を紹介します。

目次

コマンドプロンプトのデフォルト文字コードをUTF-8に変更する方法

1.コマンドプロンプトの「ファイルの場所」を開く。

2.プロパティを開き、リンク先を以下に変更し、適用する。

変更前

%windir%\system32\cmd.exe

変更後

%windir%\system32\cmd.exe /k "chcp 65001>nul"
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

えだはのアバター えだは 管理者

21歳の♂
国立大学で情報工学を専攻中。
運営ブログの閲覧者が壊滅的に少ない。

コメント

コメントする

目次